←前へ
1.免責
↑ホーム 次へ→
3.おもな特徴


2.対応機種

OSASK/AT版

実行できる機種は、i386以上のCPUと4MB以上のメモリを搭載したIBM PC/AT互換機です (壁紙を使うならメモリがさらに最大4MB必要です)。そのほかの機種で実行しないでください。

ただし, AT互換機であっても、必ずしもうまく動くとは限りません。あしからずご了承ください。

OSASK/TOWNS版

OSASK/TOWNSを実行できる機種は、4MB以上のメモリを搭載したFM-TOWNS全シリーズです (壁紙を使うならメモリがさらに最大4MB必要です) 。そのほかの機種で実行しないでください。

確実にCFにアクセスできるのは FM TOWNS IIシリーズ のみです。CXより前の縦置き型ではできるか分かりません。FMV-TOWNS ではICメモリカードスロットがないためアクセスできせん。

OSASK/NEC98版

i386以上のCPUを搭載し, メモリが640KB+3MB以上あり, さらにEGCが使えるNEC PC-9801シリーズです (壁紙を使うならメモリがさらに最大4MBほど必要です)。286マシンでCPUを載せ変えてアップグレードしたものも, うまく動く可能性があります。EPSONの互換機でも動くようです。

ハイレゾモードやPC-H98のフルセントロニクスモードでは多分うまく動きません。普通のノーマルモードにしてください。また, i386SXでメモリが640KB+14MB以上ですと, うまく起動できない恐れがあります。そういう事例に遭遇したらご報告ください。