←前へ
3.マウス操作
↑ホーム 次へ→
5.pokonランチャー


4.キー操作

現在, OSASKが認識するキー操作は, 機種によってさまざまな種類があります。他のキーは, 基本的にアプリケーションへの入力として扱われます。

OSASK/AT版

キー操作内容備考
Ctrl+Alt+Deleteリセットします。 
F1画面モードを640x480 16色に切り換えます。※画面からはみ出すウィンドウがある場合, 画面モード切り替えはできません。
F2画面モードを800x600 16色に切り換えます。
F3画面モードを1024x768 64K色に切り換えます (pokonのsetvesaコマンド で割り当てを変えられます)。起動するとこの画面モードに切り替わるはずです (非対応のビデオカードでは上の640x480 16色になります)。
F4画面モードを1280x1024 256色に切り換えます (pokonのsetvesaコマンドで割り当てを変えられます)。
F5フォントファイルを読み込みます 。この操作をしなくても必要に応じて自動的に読み込みます
F7壁紙の表示・非表示を切り換えます。壁紙については 8.壁紙 を見てください。 
F9 または Alt+Tab一番下のウィンドウを一番上に出します。 
F10一番上と二番目のウィンドウを入れ換えます。 
F10ウィンドウを移動します。カーソルキーで移動, Enterで終わります。 
F12 または Alt+F4ウィンドウを閉じます。 

OSASK/TOWNS版

キー操作内容備考
CTRL+ALT+削除リセットします。 
PF1画面モードを640x480に切り換えます。※画面からはみ出すウィンドウがある場合, 画面モード切り替えはできません。
PF2画面モードを768x512に切り換えます。
PF3画面モードをビデオモードに切り換えます。
PF4画面モードを32K色モードに切り換えます。
PF5フォントファイルを読み込みます。この操作をしなくても必要に応じて自動的に読み込みます。
PF7壁紙の表示・非表示を切り換えます。壁紙については 8.壁紙 を見てください。 
SHIFT+PF7スクリーンショットを撮ります。SCRNSHOT.TIFというファイルに保存されます。256色TIFF形式です。現在, ハイレゾモードでは正しく全体を保存できない不備があります。 
PF9 または ALT+TAB一番下のウィンドウを一番上に出します。 
PF10一番上と二番目のウィンドウを入れ換えます。 
PF11ウィンドウを移動します。カーソルキーで移動, リターンで終わります。 
PF12 または ALT+PF4ウィンドウを閉じます。 
PF13画面モードをCLGD5434/5430を使ったハイレゾモード (1024x768x256色) に切り換えます。 
PF14画面モードをCLGD5434/5430を使ったハイレゾモード (800x600x64k色) に切り換えます。 

OSASK/NEC98版

キー操作内容備考
CTRL+GRPH+DELリセットします。 
f5フォントファイルを読み込みます。この操作をしなくても必要に応じて自動的に読み込みます。
f7壁紙の表示・非表示を切り換えます。壁紙については 8.壁紙 を見てください。 
f9一番下のウィンドウを一番上に出します。 
f10一番上と二番目のウィンドウを入れ換えます。 
vf1ウィンドウを移動します。カーソルキーで移動, リターンで終わります。 
vf2 または GRPH+f4ウィンドウを閉じます。